[PR] スキューバダイビング
Top > Archives: April 2007

マツバウンラン(松葉海蘭)

青・紫 > 春
マツバウンラン(松葉海蘭)[花・青紫]
matuba01.jpg


胡麻の葉草(ゴマノハグサ)科の一、二年草。
原産地は北米国。
花色は薄紫色。唇形。
葉は線形。



[由来]名前の由来:「ウンラン(海蘭)」に似ていて、葉が松のように細いことから。
top
| comments (0) | trackbacks (0) |

ムラサキハナナ(紫花菜)

青・紫 > 春
ムラサキハナナ(紫花菜)[花・青紫]
hanana01.jpg


油菜(アブラナ)科の一年草。
原産地は中国。江戸時代に渡来。
花色は紫・淡紫色。十字形の4枚の花弁。


[別名]別名:「ショカツサイ(諸葛菜)」「花大根」「オオアラセイトウ」「シキンサイ(紫金菜)」
[花言葉]花言葉:知恵の泉
[由来]名前の由来:紫色の花菜(菜の花)。
「諸葛菜」:三国志の諸葛亮孔明が兵糧として栽培させた故事から。
[似ている花]似ている花:「菜の花」
top
| comments (0) | trackbacks (0) |

ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)

青・紫 > 春
ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)[花・青紫]
sagigo03.jpg


胡麻葉草(ゴマノハグサ)科の多年草。
花色は紫・赤紫。
白色品種を「サギゴケ」という。
唇形の花で、下唇の中央付近に橙色もしくは濃桃色の斑紋がある。
花の大きさは1.5~2cmほど。
匍匐茎(ランナー)を出して広がる。


[別名]別名:サギシバ
[由来]名前の由来:紫色の「サギゴケ」から。
[似ている花]似ている花:「トキワハゼ(常盤はぜ)」「カキドオシ(垣通)」
top
| comments (0) | trackbacks (0) |

サギゴケ(鷺苔)

白・茶 > 春
サギゴケ(鷺苔)[花・白茶]
sagigo05.jpg


胡麻葉草(ゴマノハグサ)科の多年草。
花色は白。「ムラサキサギゴケ」の一品種。
唇形の花で、下唇の中央付近に橙色の斑紋がある。
花の大きさは1.5~2cmほど。
コケの一種と思われ命名されたが、コケではない。
匍匐茎(ランナー)を出して広がる。


[別名]別名:サギシバ
[由来]名前の由来:花の姿が白鷺に似ていることから。
top
| comments (0) | trackbacks (0) |

ジンチョウゲ(沈丁花)

赤・桃 > 春
ジンチョウゲ(沈丁花)[花・赤桃][花・白茶]

zin01.jpg07-03-11


ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属の常緑低木。
原産地は中国。室町時代に渡来。
花色は紅紫色・白色。
花弁はなく、がくが四裂して広がり花弁に見える。
雄雌異株で、日本に植えられているものはほとんどが雄株。
香りでは夏のクチナシ(梔子)、秋のキンモクセイ(金木犀)に並ぶ。


[別名]別名:「輪丁花」:漢名「瑞香(ズイコウ)」
[花言葉]花言葉:栄光・不滅
[由来]名前の由来:香りは沈香(じんこう)という香りに似ており、葉の形が丁子(ちょうじ)という植物に似ているところから。
top
| comments (0) | trackbacks (0) |

ナガミヒナゲシ(長実雛罌粟)

黄・橙 > 春
ナガミヒナゲシ(長実雛罌粟)[花・黄橙]
kesi01.jpg08-04-27


ケシ科 ケシ属の一年草。一日花。
原産地は欧州の帰化植物。江戸時代に渡来。
花色は朱赤に近い橙。
直径2~5cmの4枚の花弁。
つぼみは下向きで表面に毛が生えている。
花後は細長い「さく果(実)」をつける。この中に多数の種が入っている。
路傍やアスファルト・空き地など、場所を選ばず生える繁殖力旺盛。


[花言葉]花言葉:「癒し」「心の平静」
[由来]名前の由来:さく果(実)が細長いことから。
top
| comments (0) | trackbacks (0) |

シロバナヒメオドリコソウ(白花姫踊子草)

白・茶 > 春
シロバナヒメオドリコソウ(白花姫踊子草)[花・白茶]
himeo03.jpg05-04-23


シソ科 オドリコソウ属の越年草。
ヒメオドリコソウ(姫踊子草)の白花種。
茎の上部の葉は色づかない傾向がある。
top
| comments (0) | trackbacks (0) |

ヒメオドリコソウ(姫踊子草)

赤・桃 > 春
ヒメオドリコソウ(姫踊子草)[花・赤桃][花・白茶]
himeo01.jpg07-03-22


シソ科 オドリコソウ属の越年草。
原産地は欧州。明治時代に渡来。
花の色は桃色。まれに白色も。
唇形の花で上唇の背に粗毛がある。
葉は心形でちりめん状にしわが入り、上部の葉は赤紫色に色づく。



[花言葉]花言葉:愛嬌
[由来]名前の由来」:「オドリコソウ」に似ていて、小さいことから。
[似ている花]似ている花:「ホトケノザ(仏の座)
top
| comments (0) | trackbacks (0) |

ホトケノザ(仏の座)

赤・桃 > 春
ホトケノザ(仏の座)[花・赤桃]
hotoke01.jpg08-03-27


シソ科 オドリコソウ属の一、二年草。
花の色は赤紫。まれに薄紅・白色も。
唇形の花を葉の付け根に多数つける。
葉は扇状円形でふちにギザギザがある。すっと伸びた茎に段々に葉がつくのが特徴。
春の七草の「ホトケノザ」はこの花ではなく、キク科の「コオニタビラコ」で別種。
小春日和の陽気に誘われて秋(11月から12月)に花を咲かせることもある。[不時現象]



[別名]別名:「三蓋(階)草」
[花言葉]花言葉:調和
[由来]名前の由来:葉が茎を抱き、対生の葉が蓮座に見立てたことから。
「三蓋(階)草」:輪生する葉や花が段になることから。
[似ている花]似ている花:「ヒメオドリコソウ(姫踊子草)
top
| comments (0) | trackbacks (0) |